【アプリ】<Revolut>国内送金とデビットチャージを改定

忘れていたRevolutからメールが来ました。この改定は、誰にとってのメリット or デメリットなのか、あまり魅力のない話です。

 

Revolut

 

Revolutでは、より便利で安全なサービスにするため継続的にサービスの見直しを行っています。このたび業界水準も鑑み、国内無料送金の条件と、デビットカードからチャージした資金の取り扱いを変更します。本変更は2024年2月26日より適用されます。

 

1. 国内送金の無料送金枠について
Revolutアプリから日本円を日本の国内銀行口座へ送金(振込)を行うことを指します。

現在の国内無料送金枠
現在、すべてのプランで無料送金は月に1 回まで、月額限度額は10万円までとなっています。いずれかの制限に達すると、取引金額の 2% の送金手数料をお支払いいただいています。

変更後の新しい国内無料送金枠
この度、月額10万円の無料送金限度額を撤廃させていただきます。

代わりに、スタンダード、プレミアム、メタルプランの月額無料送金限度枠(回数)は、それぞれ以下の通りとなります。

スタンダードプラン:1回まで
プレミアムプラン :3回まで
メタルプラン:5 回まで
上限回数に達した場合、それ以降1回あたり220円の送金手数料をお支払いいただくこととなります。

国内無料送金枠は、アカウント開設日またはプラン利用開始日を基準に、1ヶ月単位でリセットされます。毎月1日ではありませんので、ご注意ください。

これらの変更は、日本国外の銀行への国際送金には影響しません。

 

2. デビットカードからチャージした資金の取り扱い
デビットカードでのチャージとは、(Revolut以外の)デビットカードを利用してRevolutアカウントに資金を追加(チャージ)することです。

現在、デビットカードからチャージされた資金について、カード決済にご利用いただける他、以下のお取引が可能です。

他のRevolutご利用者アカウント宛に送金
国内外の銀行口座への送金
ATM引き出し
デビットカードからチャージした資金の取り扱いに関する変更点
2024年2月26日 以降は、デビットカードからチャージされた資金は送金・ATM引き出しにご利用いただくことができなくなりますが、外貨両替やRevolutカード決済には、これまで通りお使いいただけます。

2024年2月26日より前にデビットカードからチャージされた資金は引き続き送金・ATM引き出しにご利用いただくことができます。

送金やATM引き出しをご利用されるお客様は、国内銀行からの銀行振込での資金のチャージをお願いいたします(なお、クレジットカードやプリペイドカードからチャージされた資金は現時点で送金やATM引き出しにはお使いいただけません)。

 

なぜこのような変化が起こっているのでしょうか?
私たちは常により便利で安全なサービスにするためサービスの見直しを継続しております。この度、業界水準も鑑みこれらの変更を行います。

何をする必要がありますか?
お客様にて行っていただく手続等はございません。もしご不明な点がある場合は、最下部のボタンをタップして規約ページをご参照ください。

今回の変更を踏まえて、有料プランからスタンダードプランへご変更、または、アカウントの閉鎖をご希望される場合は、2024年2月26日までは無料でプラン変更や解約が可能です。

すでに有料プランの年額サブスクリプション手数料をお支払いいただいているお客様がスタンダードプランへのダウングレード、またはアカウントの解約をご希望される場合は、2024年2月26日以前にご変更またはご解約された場合、未使用期間分の年額サブスクリプション手数料を月割計算により返金させていただきます。たとえば、プランご利用期間が2か月分残っている場合、この2か月分の手数料を返金いたします。

 

「業界水準も鑑み」と言い訳していますが、チャレンジャーバンクのセリフではないですね。業界に風穴を開けるために、日本へ進出してきたのでは?

 

ローンチ時の大盤振る舞いが懐かしいです。国内においては、クレジットから無料でチャージできて、高還元率を実現できなければ、他のツールに負けています。

 

海外利用だけですかね、現時点でのRevolutのメリットは。

【タッチ決済】公共交通機関における普及

新年を迎え、クレジットのタッチ決済を導入する、あるいは拡大する公共交通事業者が急速に増えています。インバウンドの回復もありますが、SuicaPASMOに比べて、導入のハードルが低いのでしょう。

 

www.tokyu.co.jp

 

www.keikyu-bus.co.jp

 

www.ibako.co.jp

 

東急電鉄の場合、東京メトロとの相互乗り入れの関係上、自社線内の前払いや企画乗車券に限定しているなど、各社によって機能の差はありますが、将来的にはフルスペックでの実施を目標に据えているとのこと。リアルカードさえ持っていれば、気軽に鉄道やバスに乗れるというのは、やはり便利なものです。

 

タッチ決済対応改札機(出典:NHK

 

さらに、Apple PayやGoogle Payに登録してしまえば、リアルカードさえ不要なわけで、スマホ1台で国内はおろか、飛行機に乗って海外まで行けるのです。

 

youtu.be

 

首都圏よりも地方での普及が進んでいます。背景には、Felicaに依拠する交通系電子マネーよりも、NFCベースのタッチ決済のほうが導入しやすいことがあります。イニシャルコストが安いのです。

 

theonlyone.hatenablog.com

 

事業者だけではありません。利用者にもメリットがあります。

 

シンガポールでのタッチ決済の場合、SuicaPASMOのように乗車ごとに初乗り運賃が引かれるのではなく、MRTもバスもひっくるめて、一日の総乗車回数でまとめていくらみたいな感じで明細書に反映されます。営業距離で50~60km程度乗車しても、トータルで500円くらいのカウント。合理的ですから、自家用車から公共交通の利用へ誘導しやすいわけで、公益の促進にもなります。

 

Visaのタッチ決済

 

わが国においても、都市圏ではゾーン運賃制を導入し、事業者を問わず、都心から5km以内は100円、10km以内は150円、20km以内は200円、のような一律の運賃形態にすれば、自家用車から鉄道やバスへの転換が進み、公共交通の利用拡大につながると思います。

 

タッチ決済は、ゾーン運賃制導入のトリガーになる可能性を秘めているかもしれません。さらなる普及を期待します。

【プリペイド】<au PAY プリペイドカード>リニューアルおよび発行手数料を有料化

4月を目途に、au PAY プリペイドカードがリニューアルです。

 

https://aupay.wallet.auone.jp/announce/detail/?id=641

 

2014年に「au WALLET」として発行が始まり、2020年に「au PAY」への改称を経て、10年のタイミングで仕様を刷新するわけですが、この間に社会にキャッシュレスが浸透し、今や周回遅れの感も否めません。

 

リニューアルの眼目は3つで、

 

  • 券面デザインの刷新
  • ICチップの搭載とタッチ決済への対応
  • バーチャルカードをau PAY アプリ内で無料発行

 

です。

 

au PAY プリペイドカードのリニューアル

 

カード情報は裏面化されます。国際ブランドに変更がなければ、タッチ決済はMastercardタッチ決済が搭載されることでしょう。有効期限は、5年から7年に延長されます。

 

アルカードの発行は有料となり、発行手数料は600円(税込み)。au PAYの残高から差し引かれます。なお、一定期間内にau PAY プリペイドカードでKDDIが定める金額を利用すると、発行手数料相当のau PAY 残高の還元を予定しているとのこと。

 

au PAYはポイ活のハブとなる重要なツールですので、このリニューアルで、さらにパワーアップすることを期待したいと思います。

【ポイント】<Vポイント>4月22日に開始

新生Vポイントの開始日が本年4月22日に決定しました。

 

web.tsite.jp

 

“青と黄色のVポイント”は、TポイントとVポイントの統合によりスタートします。4月22日にアプリのアップデートがあるようです。

 

Vポイントアプリ

 

VポイントPayも始まるようですが、これは現行の三井住友カードのVポイントが置き換わるようです。

 

VポイントPayアプリ

 

事実上、三井住友カードのポイントサーヴィスになってしまうわけですが、使い勝手がよくなれば、それに越したことはありません。楽天ポイントPontaといい勝負ができれば結構です。

 

www.youtube.com

 

なお、新生Vポイントの開始に伴い、TポイントからPayPayポイントへの交換は、本年3月31日で終了します。

info.tsite.jp
ポイント群雄割拠の時代に突入です。

新年のご挨拶

本年もよろしくお願いいたします。

 

能登地震で被災された方々、航空事故に遭われた方々にお見舞い申し上げます。併せて、復旧に取り組んでいる官公庁や関係業者の皆様の努力に感謝申し上げます。

 

NHK速報


年始早々、ショッキングなニュースで始まった2024年ですが、この国の一年を暗示する出来事にならないことを祈るばかりです。

 

本ブログの立場からは、今回の航空事故が当該社で予定しているマイレージのリニューアルに影響しないといいですが。。。

 

今年も「対処しにくい危機の時代」を生き抜くための知恵を綴りたいと思います。ご覧いただいている皆様の健康と安全を祈っています。