【ポイント】〈auユーザー向けポイント高還元〉au PAY × Revolut × d払い

金利政策が長引いている現在、預金利息が頼りにならない以上、カード(クレジット、デビット、プリペイド)やポイントを駆使して、ポイントの高還元を狙う方が多いことと思います。消費を刺激するうえでもポイント付与の効果は大きく、各社はキャンペーンに躍起になっています。

 

www.au.com

 

キャッシュレスにスマートフォンが必須である以上、ポイント還元の恩恵を受けるには、キャリアとの通信契約がカギになるわけですが、最高水準の還元率を実現する方法について、auユーザーである私のケースをご紹介したいと思います。

 

私の場合、

 

au PAY ゴールドカード → au  PAY プリペイドカード → Revolut → d払い

 

というルートで、d払いを出口にしています。

 

f:id:theonlyone1118:20210726000340j:plain

au PAY プリペイドカード

 

このルートで実現できる最高還元率は、

 

2.0%(auゴールド) + 0.5%(auプリペイド + 0%(Revolut) + 0.5%(d払い) = 3.0%

 

であり、その内訳は、Pontaポイントが2.5%、dポイントが0.5%です。

 

auユーザーの場合、現行のカードやQRコード決済の組み合わせでは、この形が最高還元率になると思われます。このルートには、 ①クレジット→プリペイド ②プリペイド→デビット とチャージを2回行う手間はありますが、端数の取りっぱくれを阻止できるというメリットがあります。いずれのチャージもスマホアプリで数秒で完結しますので、慣れてしまえば簡単です。

 

出口のd払いでは端数が発生することになりますが、こればっかりはどうしようもありません。d払いは200円で1pの還元ですので、200円単位に満たない決済においては、端数は切り捨てられます。

 

f:id:theonlyone1118:20210726000532j:plain

d払い

 

注意したいのは、au  PAY ゴールドカードにおけるチャージの還元率は、月5万円までが2.0%(上限1,000p)ですが、それ以上は1.0%に落ちてしまう点です。ですから、最高還元率3.0%を実現できるのは、月5万円(計1500p)までということですね。5万円超の部分は、1.0%+0.5%+0%+0.5%=2.0%です。しかしながら、毎月5万円のチャージを続けるだけで、年18,000pの獲得は決して小さくないはずです。

 

QRコード決済の導入店舗が急速に増えていますので、都市部では今や、ほとんどの機会にd払いで決済できます。このルートは入口がauでありながら、出口はライヴァルのdocomoとなるのが、何とも皮肉な話です。

 

以上、高還元を狙うauユーザー向けの秘策をご紹介しました。